Loading

ホーム > 製品案内 > ハードディスク用基板

ハードディスク用基板

この製品は、当社が製造し、東洋鋼鈑株式会社が販売しております。
当社は、高度なナノレベルの研磨技術とメッキ技術を駆使し、パソコン等に使用されるハードディスク装置に使用される基板を製造しております。

磁気ディスク用基板(MD)

ハードディスクドライブ(HDD)は、コンピュータ、ビデオレコーダ、デジタルカメラ、カーナビゲーションなど、多くのデジタル機器へ組み込まれ、増大するデジタルデータを保存する重要な装置として、現在のITネットワーク社会を支えています。
また、高解像度写真やハイビジョン映像などの大容量データを保存するため、劇的にその記憶容量を増加させています。
HDDは、モータに取り付けられた磁気ディスクを中心に構成されています。磁気ディスクは、表面に薄膜磁気層を塗布したアルミ、またはガラスの基板で作られています(写真1)。
アルミ基板は、デスクトップパソコンやビデオレコーダを中心に、また、ガラス基板は、ノートパソコンを中心に使用されています。
メディアへのデータの読み書きは、磁気ヘッドで行われ、ヘッドと基板表面の距離は、数ナノメートルです。記憶容量を増やすため、この距離はさらに小さくなっています(写真2)。
このような基板を生産するためには、高いクリーン度や、ナノレベルの研磨技術が不可欠です。当社では、高清浄度のクリーンルームにおいて、ナノレベルの粗度や、ミクロンレベルのうねり、平坦度をなど日夜技術改善に取り組み、急速に進化する磁気記憶技術をバックアップしております。

生産量

  • アルミ基板
    東洋鋼鈑 下松事業所(鋼鈑工業):700万枚/月

関連商品紹介 ~パソコン

CPUの機能向上に伴い、ハードディスクには高速で、静かに、滑らかに動作することが要求されています。年々増え続ける記憶容量を支えるためにもそれらは必須条件です。国境を越えてビジネスが広がるパソコン業界でも最先端の分野ではMADE IN JAPANが健在です。

静かに滑らかに働くハードディスクを支えているのも、私たちの仕事です。

最先端と伝統技術の融合素材、磁気ディスク用基板(MD)が記憶密度の飛躍的向上を支えています。

パソコン、サーバー、デジタル家電等、ハイテク製品に必要不可欠な存在としてユビキタス社会を支える磁気ディスク、ますます増大するデジタルデータのストレージには要求レベルが年々高まっています。ディスクへのデータの読み書きは磁気ヘッドで行われます。メディアの高密度化により、高速回転する基板表面と磁気ヘッドとの距離(浮上高さ)が低下しており、数ナノレベルとなっています。最先端のクリーン製造プロセスと品質保証体制、東洋鋼鈑が培ってきためっき技術と超精密加工技術、そして微小欠陥除去技術が融合し、記憶密度の飛躍的向上を支えています。
ナノレベルの粗度やミクロンレベルのうねりを実現した素材(ハードディスク用基板)は、国内および海外のお客様から高い評価をいただいています。

  • パソコン
  • サーバー
  • デジタル家電

この製品のお問い合わせ

このページの先頭へ

会社案内
製品案内
採用情報

〒744-0011 山口県下松市西豊井1394番地
電話 0833-41-2747 FAX 0833-43-9529

Copyright (C) KOHAN KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.