Loading

ホーム > 製品案内 > 表面改質 PHコーティング

表面改質 PHコーティング

PHコーティングとは光輝拡散窒化法(PH-N)を用いた表層状態が健全な窒化とイオンプレーティング法(PVD法)を用いたセラミック被膜との複合処理です。
金型や機械部品の耐摩耗性、耐腐食性、耐熱性、すべり性、耐溶着性などを向上させ、長寿命化を実現いたします。
低温処理であるため、処理後のひずみを最小に抑えることが可能です。

特長

  • 複合処理により、単層膜と比較して密着力が強い。
  • 低温処理(500℃以下)のため、母材のひずみが極小。※1
  • 溶接補修後の再処理可能。※2
  • 母材よりC成分を取らないので再処理が何度でも可能。
  • フレームハード鋼・鋳物にも処理可能。

※1 2次硬化性材料(ダイス鋼SKD系、高速度工具鋼SKH系)は520℃以上の高温焼戻しを2回以上行うことが重要。520℃以下の高温戻し温度については別途ご相談を承ります。
※2 当社推奨の溶接棒材料を使用。詳細はご相談下さい。

PH-N 拡散窒化処理(Diffusion Nitriding Treatment)

名称 硬さ(HV) 窒化拡散層深さ(μm) 処理温度(℃)
PH-N 400~1300 10~250 400~530

複合処理(Hybrid Surface Treatment)
PVD処理(Physical Vapor Deposition)

名称 硬さ(HV) 膜厚(μm) 処理温度(℃)
PH-NCrN
PH-CrN
1600~2100 3~10 200~500
PH-NHPC2
PH-HPC2
2800~3100 3~8 300~500
PH-NTiN
PH-TiN
1900~2300 2~4 300~500
PH-NTiCNX1
PH-TiCNX1
3000~3300 2~4 300~500
PH-NTiAlN
PH-TiAlN
2200~2500 2~4 300~500

DLC処理(Diamond Like Carbon)

名称 硬さ(HV) 膜厚(μm) 処理温度(℃)
PH-XDLC 2000~6000 ~3 100~250

硬度比較表

硬度比較表

この製品のお問い合わせ

このページの先頭へ

会社案内
製品案内
採用情報

〒744-0011 山口県下松市西豊井1394番地
電話 0833-41-2747 FAX 0833-43-9529

Copyright (C) KOHAN KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.