Loading

ホーム > 製品案内 > 表面改質 PHコーティング > PH-N(窒化)

表面改質 PHコーティング

PH-N(窒化)

PH-N(窒化)とは

PH-N (プラズマハードN) 窒化処理
窒素を鋼材表面に拡散浸透させ、鋼材表面を硬くする技術です。
プラズマ窒化の一種です。

当社窒化の特徴

他窒化法と比べ

  • 表面に化合物層を生成させない※1
  • 面粗度がほとんど変化しない(Rmax : 0.2)
    ⇒⇒ 表面の光輝状態を維持できる(右写真)
  • 靱性に富む窒素拡散層のみが得られる
    ⇒⇒ 刃物に使える
  • 処理後の溶接補修が容易(表面窒素濃度が低いため)
  • インコネル材のような耐熱鋼にも窒化可能。※2

※1 SKD系の工具鋼のような高合金鋼対象。低合金鋼については別途ご相談に承ります。
※2 耐熱鋼については材質にもよります。

PH-N処理直後写真PH-N処理直後写真

各種窒化層の組織断面写真(SKD61)

金属光沢(光輝状態)

PH-N

PH-N

表面に化合物層は生成されておらず一様な拡散層のみ形成される。

ツヤ消し状態

イオン窒化

イオン窒化

表面に白色の化合物層が生成されており、その直下に拡散層が存在する。

黒~灰褐色

塩浴軟窒化

塩浴軟窒化

表面に灰色にみえる比較的低硬度炭化物と窒化物からなる化合物層が生成されており、その直下に拡散層が存在する。

適用材質

種類 高速度鋼 冷間 ダイス鋼 熱間 ダイス鋼 プラ型鋼 ステンレス鋼 炭素鋼
SKH
YXR
YXM
SKD11
SLD
DC53
SKS3
HMD5
SX-105V
SKD61
DAC
DHA
HPM
NAK
DH2F
SUS304 SUS420J2 SUS440C SK5
S45C
PH-N

特性

名称 硬さ (HV) 膜厚 (μm) 処理温度 (℃) 耐磨耗性 耐腐食性 離型性 寸法精度
PH-N 400~1300 10~250 400~500

用途

耐摩耗性、耐焼付性・耐腐食性・疲労強度向上を要求される機械部品等
表面粗度と耐摩耗性を要求されるプラスチック金型
表面の光輝状態を維持させたいプラスチック金型
ヒートクラックを防止したいダイカスト金型
鋳物(FC,FCD)製プレス金型

最大処理可能サイズ

φ1000×H1500mm 1000kgMAX

この製品のお問い合わせ

このページの先頭へ

会社案内
製品案内
採用情報

〒744-0011 山口県下松市西豊井1394番地
電話 0833-41-2747 FAX 0833-43-9529

Copyright (C) KOHAN KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.