Loading

ホーム > 製品案内 > 表面改質 PHコーティング > PHコーティング 複合処理 PVD処理

表面改質 PHコーティング

PHコーティング
複合処理 PVD処理

PH(プラズマハード)コーティング 複合処理とは

セラミックを金属表面に蒸着させる技術。
標準下地処理との複合処理にて低温(500℃以下)ながら強い密着力を実現。

当社PH(プラズマハード)コーティング(複合処理)の特徴

他処理法(PVD単層、CVD)と比べて、密着力が良好。

CVD(TiC)等の高温処理(約1100℃)と比べて、500℃以下(鋼材の焼き戻し温度以下)で処理可能なためひずみが極小。

CVD(TiC)は母材表面から炭素成分を取るため再処理が3回程度しか出来ないが、弊処理は何度でも可能。

組織断面写真

適用材質

種類 高速度鋼 冷間 ダイス鋼 熱間 ダイス鋼 プラ型鋼 ステンレス鋼 炭素鋼
SKH
YXR
YXM
SKD11
SLD
DC53
SKS3
HMD5
SX-105V
SKD61
DAC
DHA
HPM
NAK
DH2F
SUS304 SUS420J2 SUS440C SK5
S45C
PH-N
PH-N
CrN
PH-N
HPC2
PH-N
TiCNX1
PH-N
TiAlN
PH-X
DLC

特性

名称 硬さ(HV) 膜厚(μm) 処理温度
(℃)
耐磨耗性 耐腐食性 酸化温度
(℃)
離型性 寸法精度
下地処理 400~1300 10~250 400~530
PH-N
CrN
1600~2100 3~10 +下地処理 200~500 700~800
PH-N
HPC2
2800~3100 3~8 +下地処理 300~500 900
PH-N
TiN
1900~2300 2~4 +下地処理 300~500 600
PH-N
TiCNX1
3000~3300 2~4 +下地処理 300~500 400
PH-N
TiAlN
2200~2500 2~4 +下地処理 300~500 800
PH-X
DLC
2000 ~6000 ~3 +下地処理 100 ~250 300 ~400 ◎◎

用途

名称 特徴 用途
PH-NCrN 耐腐食性、潤滑性良
せん断、
成型プレスに最適
樹脂離型性良
耐溶融アルミアタック性良
高温で高硬度維持
プレス金型
ダイカスト金型
鍛造金型
プラスチック金型
成形ロール
ゴム成形金型
ポンプ部品、機械部品等
プレス金型(特に高ハイテン材や厚板材に良好)
PH-NHPC2
PH-NTiN 耐磨耗性良
耐腐食性良
切削工具
機械部品
PH-N TiCNX1 高硬度
耐磨耗性良
高面圧プレスに最適
切削に最適
プレス金型
切削工具
転造工具
PH-NTiAlN 高硬度
耐磨耗性良
切削に最適
耐熱性が高い
切削工具
PH-XDLC 摩擦係数極小
潤滑性良
耐摩耗性良(低面圧下)
耐凝着性良
絶縁性が高い
電子材料
医療用機器
プラスチック金型
非鉄切削工具
音響機器

最大処理可能サイズ

φ800×H900mm 480kgMAX
DLCの場合はφ500×H550mm 180kgMAX

PH-Nの適用材質

種類 高速度鋼 冷間 ダイス鋼 熱間 ダイス鋼 プラ型鋼 ステンレス鋼 炭素鋼
SKH
YXR
YXM
SKD11
SLD
DC53
SKS3
HMD5
SX-105V
SKD61
DAC
DHA
HPM
NAK
DH2F
SUS304 SUS420J2 SUS440C SK5
S45C
PH-N
PH-NCrN
PH-N
HPC2
PH-N
TiCNX1
PH-N
TiAlN
PH-X
DLC

この製品のお問い合わせ

このページの先頭へ

会社案内
製品案内
採用情報

〒744-0011 山口県下松市西豊井1394番地
電話 0833-41-2747 FAX 0833-43-9529

Copyright (C) KOHAN KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.